2020.01.10 - Note

書き換え寿命を迎えたUSBメモリを保証交換してもらった

SandiskのUSBメモリ「SDCZ880-128G」を2年半ほど毎日使用していた所、DELLのユーティリティーソフトがUSBメモリの異常を検知し、「近日中に故障する可能性があります」と警告を出してきた。

その時、特にUSBメモリの動作の不調は無かった(なんとなく遅くなっていた気もするが)が、CrystalDiskInfoを使ってドライブの状態とを見てみると、健康状態が「異常」となり「残り寿命」の欄に赤ランプがついていた。

フラッシュメモリは書き換え回数が数万回と決まっているので、数年で使用できなるなる場合もあるようだ。
どうやら、その上限数の間際になったということらしい。

購入したUSBメモリは「永久保証」ということだったので、Sandiskのサポートに電話して流れを説明すると、快く交換を申し出てくれた。

・今回のサポートナンバーを記入した用紙
・購入履歴のわかる用紙
・USB本体
を郵送(送料はこちら負担)し、1週間ほどで新品のUSBメモリが届いた。

購入時は約1万円で現在の価格も5千円程するので、買い替えせずに済んだのはありがたい。

コメントを残す