2020.04.15 - Note

intellij ideaのTips of the Day 翻訳

Tag:

機能 グループ 説明
Basic code completion Code Completion Ctrl+スペースを使用すると、コードステートメントを素早く補完させることができます。これは入力している間に動作し、現在のキャレット位置から利用可能な提案のリストを表示します。
Browse external documentation Code Assistants キャレットにある要素のドキュメントページをブラウザで開くには、Shift+F1 (表示 | 外部ドキュメント) を押します。
この機能を使用するには、設定/環境設定ダイアログCtrl+Alt+Sの ツール > ウェブブラウザ ページでブラウザを選択しておく必要があります。
Camel prefixes in code completion Code Completion キャメルケースの接頭辞を利用して、コード補完の候補を絞り込むことができます。
Cancel lookup and move caret up/down in the editor Code Completion コード補完で[入力時に提案を表示]オプションが有効になっている場合、Ctrl+下かCtrl+上で表示を閉じることができます。
Changing completion variants sorting Code Completion コード補完は、関連性またはアルファベット順に並べ替えることができます。
アルファベット順に並べ替えるには、[名前で並べ替える] オプションを選択します。
関連性で並べ替えるには、[名前で並べ替える] チェックボックスをオフにします。
Comment/Uncomment block Code Assistants コードの行やブロックにコメントをつけたり、コメントを解除することができます。
Ctrl+Shift+/: 選択したブロックをブロックコメントで囲む ( /*…*/ )
ブロックのコメントを解除するには、ブロックの内側の任意の場所にキャレットを配置し、Ctrl+Shift+/を押します。
Comment/Uncomment current line Code Assistants コードの行やブロックにコメントをつけたり、コメントを解除することができます。
Ctrl+/: 現在の行または選択されているブロックを単一行コメントでコメントまたはアンコメント ( //… )
コメントを解除するには、ブロックの内側の任意の場所にキャレットを配置し、Ctrl+/を押します。
Complete Statement Code Assistants ステートメント補完を使用してコード構成を作成することができます。
メソッド宣言、メソッド呼び出し、または if、do-while、try-catch、return などのステートメントの入力を開始します。
Ctrl+Shift+Enter キーを押すと、構文的に正しい構成に文が完成します。
Completion in Find Bar UI Usability Features 基本的なコード補完 Ctrl+スペースは、現在のファイルCtrl+Fでテキストを検索する際に検索欄で利用できるので、文字列を丸ごと入力する必要はありません。
Copy Class refactoring Refactoring 選択したクラスのコピーであるクラスを作成するには、Refactor | Copy を使用します。
これは、既存のクラスと似たようなクラスを作成する必要があり、共通のスーパークラスに共有機能を入れるのは現実的ではない場合に便利です。
Create property tag Ant support features Antプロパティやターゲットがまだ定義されていなくても、参照を開始することができます。Alt+Enterキーを押して、意図するアクションのリストからプロパティの作成を選択すると、現在の編集場所を空けずに必要なタグを作成することができます。
Create target tag Ant support features Antビルドファイルに存在しないターゲットタグを参照すると、IntelliJ IDEAは対応するタグを自動的に作成するように提案します。この意図的な動作は、現在の編集場所を変更することすらありません。
Database Console Database データベース コンソールは、データ ソースに既にアタッチされている SQL ファイルです。データ ソースを作成すると、データベース コンソールが自動的に作成されます。コンソールを開くには、データ ソースを右クリックして [コンソールを開く] を選択するか、F4 キーを押します。
Database Schema Diff Database
Database Table Editor Database
Directory Diff Diff Tools 2 つのディレクトリを比較するには、プロジェクトツールウィンドウでそれらを選択し、Ctrl+D キーを押します。
Editor delete line Code Editing エディタでCtrl+Yを押して、キャレットの行全体を削除します
Execute SQL Statement Database
File structure popup Navigation 現在開いているファイルの構造を調べるには、Ctrl+F12を押すか、「表示」→「ツールウィンドウ」→「構造」を選択します。ファイルの構造」には、すべてのクラス、関数、マクロ、名前空間が表示されます。
要素をダブルクリックすると、ソース・コードに戻ることができます。要素を見つけるには、その名前を入力します。
Finish lookup by Ctrl+Dot Code Completion コード補完を使用する場合は、Ctrl+..を押すことで最初の項目を選択することができます。
IntelliJ IDEAは、現在のコンテキストに応じて、選択された項目の後にドットまたは→を挿入します。
Finish lookup by exclamation mark Code Completion 判定部分で感嘆符(!)を入れて補完を決定した場合、表現が否定されます。
Finish lookup by smart enter Code Completion コード補完を使用する場合は、Ctrl+Shift+Enterでサジェストリストの現在の選択を受け入れることができます。
IntelliJ IDEAは、選択された文字列を挿入するだけでなく、現在のコード構成を構文的に正しいものに変換します(括弧のバランスをとる、欠けている中括弧やセミコロンを追加するなど)。
Finish lookup by special characters Code Completion ピリオドキー(.)、カンマ(,)、セミコロン(;)、スペース、その他いくつかの文字を使って、コード補完候補リストで現在選択されているものを受け入れることができます。
Global method name code completion Code Completion プロジェクト、ライブラリ、または JDK の任意の場所にある静的メソッドのメソッド呼び出しをすばやく完了させるには、プレフィックスを入力して Ctrl+スペースを 2 回押します。Alt+Enter を押すと、選択したメソッドをインポートできます。
Go to action UI Usability Features メニューコマンド、設定、またはアクションをすばやく見つけるには、Ctrl+Shift+A (Help | Find Action) を押します。
Go to class Navigation エディタで任意のクラスを素早く開くには、Ctrl+N (Navigate | Class) を押して、クラスの名前を入力します。次に、提案リストからクラスを選択します。
同様に、Ctrl+Shift+N (Navigate | File)を使用して、プロジェクト内の任意のファイルを開くことができます。
Go to declaration Navigation クラス、メソッド、変数の使用場所から定義に移動するには、キャレットを配置して Ctrl+B (Navigate | Declaration) を押します。また、Ctrlキーを押しながら使用場所をクリックして定義にジャンプすることもできます。
Go to file Navigation ファイルをすばやく開くには、Ctrl+Shift+N (ナビゲート > ファイル) を押して、ファイル名を入力します。選択したファイルタイプの中からのみ検索するには、フィルタアイコンを使用します。
Go to implementation Navigation 抽象メソッドの実装に移動するには、宣言内の使用場所または名前のところにキャレットを配置し、Ctrl+Alt+B を押します。
Go to inspection Navigation 検査をすばやく検索して実行するには、Ctrl+Alt+Shift+Iを押して、検査名またはそのグループの名前を入力します。提案リストから検査を選択し、スコープを指定します。
Go to symbol Navigation エディタ内のクラス、フィールド、または関数をすばやく開くには、Ctrl+Alt+Shift+N (Navigate | Symbol)を押して、その名前を入力します。
Highlight implementing or overriding members Code Assistants クラスに実装されているインターフェイスのすべてのメソッドを表示するには、クラス宣言の implements キーワードのところにキャレットを置き、Ctrl+Shift+F7 を押します。
Highlight method exit points Code Assistants メソッドのすべての終了点を表示するには、return 文など、そのうちの 1 つにキャレットを配置し、Ctrl+Shift+F7 を押します。
Highlight method throws Code Assistants 特定の例外を捕捉できるメソッド内のすべてのステートメントを表示することができます。throws 文にキャレットを配置し、Ctrl+Shift+F7 を押します。
Horizontal Scrolling UI Usability Features ファイルを水平方向にスクロールするには、Shiftキーを押しながらマウスホイールを回します。
Inspect Code in Bulk Code Assistants [Analyze] > [Inspect Code] を使用すると、プロジェクト全体またはカスタム スコープのコード解析を実行し、別のウィンドウで結果を調べることができます。
Introduce Variable refactoring Refactoring 変数抽出リファクタリングは、選択された式を変数にラップします。新しい変数宣言を追加し、式をイニシャライザとして使用します。このリファクタリングを呼び出すには、式を選択して Ctrl+Alt+V (Refactor | Extract | Variable) を押します。
JAR Files Diff Diff Tools 2 つの jar ファイルを比較するには、プロジェクト ビューでそれらを選択し、Ctrl+D キーを押します。
Move code element left/right Code Editing 宣言と呼び出しの両方で、Ctrl+Alt+Shift+左とCtrl+Alt+Shift+右でメソッドのパラメータを移動できます。さらに、メソッド宣言内のこのような移動をメソッド呼び出しに伝えることができます。
Move inner class to upper level Refactoring 静的に宣言されている内部クラスでMoveリファクタリングF6を呼び出すと、それをトップレベルのクラスにするか、別のクラスに移動するかを求められます。
Multiple carets Code Editing IntelliJ IDEAでは、複数のキャレットを持つことができます。Altを押したまま、異なる位置でクリックすると、エディタで追加のキャレットを設定することができます。または、Ctrlを2回押してキーを押したまま、矢印キーを押します。
その後、左または右の矢印キーでShiftキーを押して、複数のテキスト断片を選択することができます。
Escキーを押すと、最近追加されたキャレット以外のすべての追加キャレットが削除されます。
New scratch file Code Editing スクラッチファイルは、プロジェクトファイルを作成せずに、エディタで実験やプロトタイプを作成するための一時的なファイルです。
スクラッチファイルを作成するには、Ctrl+Alt+Shift+Insertを押して、使用する言語を選択します。
Override/Implement methods Code Assistants Ctrl+O (Code | Override Methods) を押すと、基底クラスのメソッドを簡単にオーバーライドすることができます。
現在のクラスが実装しているインターフェイス(または抽象基底クラス)のメソッドを実装するには、Ctrl+I (Code | Implement Methods) を押します。
Postfix completion Code Completion Postfix コード補完は、 コーディング時に後方へのキャレットジャンプを避けるために、右から左へ適用されます。変更したいコードの断片の後にドット .を入力して、希望するオプションを選択します。
Postfix テンプレートを使った提案リストを見るには、Ctrl+J キーを押しても表示されます。
Quick Definition in lookup lists Code Assistants コード補完提案リストの項目や、クラス、ファイル、または記号のナビゲーション コマンドに対して、クイック定義ビューア Ctrl+Shift+I を呼び出すことができます。
Quick Definition lookup Code Assistants Ctrl+Shift+I (表示 | クイック定義) を押すと、別のエディタタブで開かなくても、キャレットのシンボルの定義や内容をプレビューすることができます。
Quick Documentation in goto class or symbol Code Assistants Ctrl+Q (View | Quick Documentation)、Ctrl+P (View | Parameter Info)、Ctrl+B (Navigate | Declaration) などのショートカットをエディタ内だけでなく、コード補完を利用しながらサジェストリストでも使用することができます。
Quick Documentation in lookups Code Assistants Ctrl+Q (View | Quick Documentation)、Ctrl+P (View | Parameter Info)、Ctrl+B (Navigate | Declaration) などのショートカットをエディタ内だけでなく、コード補完を利用しながらサジェストリストでも使用することができます。
Quick Documentation popup Code Assistants キャレットにあるクラスやメソッドのドキュメントを素早く見るには、Ctrl+Q (View | Quick Documentation) を押します。
Quick switch scheme… UI Usability Features エディタから1回のキー操作で、異なるコードスタイルやカラーリングスキーム、キーマップを適用することができます。Ctrl+` (表示 | スキームのクイック切り替え) を押して、切り替えたいスキームを指定します。
Recent changes UI Usability Features Alt+Shift+C を使用して、プロジェクトの最近の変更点をすばやく確認できます。
Recent files popup Navigation Ctrl+E (View | Recent Files)を押すと、最近開いたファイルのリストが表示されます。
また、最近実行された使用状況の検索結果を表示することもできます。そのためには、「編集」→「検索」→「最近の検索結果」を選択するか、検索ツールウィンドウのコンテキストメニューから「最近の検索結果」を選択します。
Recent searches history UI Usability Features ファイル内のテキスト文字列を検索する場合は、最近の検索履歴を使用します:検索ペインが既に開いている状態で、Alt+下をもう一度押すと、最近のエントリのリストが表示されます。
Rename Refactoring クラスやメソッド、変数が使われている場所をすべて自動修正して、簡単に名前を変更することができます。
名前を変更したい記号の位置にキャレットを置き、Shift+F6 (Refactor | Rename) を押します。新しい名前を入力して Enter キーを押します。
Shift+F6をもう一度押して、コメントや文字列の中から指定されたテキストを検索できる名前変更ダイアログを開きます。
Replace By when using lookup Code Completion コード補完を使用しているときは、Tabキーを押すことで、ポップアップリストで現在ハイライトされている選択を受け入れることができます。
Enter で受け入れるのとは異なり、選択された名前は、キャレットの右側の残りの名前を上書きします。これは、あるメソッド名や変数名を別の名前に置き換える場合に特に便利です。
Run Query in Console Database
SQL/CSV/TSV File Table Editor Database
Search Everywhere Navigation Shift キーを 2 回押すと、プロジェクト全体のファイル、アクション、クラス、シンボル、または UI 要素を検索することができます。Shiftキーを2回押すと、プロジェクト以外のアイテムにも検索範囲が広がります。
また、製品ウィンドウの右上隅をクリックすることもできます。
Second basic completion Code Completion 基本補完 Ctrl+スペースを呼び出すと、IntelliJ IDEA は、現在のキャレット位置からアクセス可能な選択肢を提案します。もう一度 Ctrl+スペースを押すと、アクセスできないクラスやメンバーも表示されます。
Second smart type completion: array member access Code Completion コンテキスト内に期待される型の配列があるときに、スマート型補完(Ctrl+Shift+スペース)を呼び出した後に同じショートカットを押すと、この配列から要素を取得することを示唆します。
Second smart type completion: asList() conversion Code Completion コレクション型が予想されるときにスマート型補完(Ctrl+Shift+スペース)を呼び出した後に同じショートカットを押すと、同じコンポーネント型を持つ配列が検索され、Attays.asList()呼び出しを使って変換することを提案してくれます。
Second smart type completion: chained method calls Code Completion スマート型補完(Ctrl+Shift+スペース)を発動した後に同じショートカットを押すと、予想される型の連鎖式が検索されます。
Second smart type completion: toArray() conversion Code Completion 配列型が予想されるときにスマート型の完成(Ctrl+Shift+スペース)を呼び出した後に同じショートカットを押すと、同じコンポーネント型のコレクションが検索され、toArray()呼び出しを使用して変換することを提案します。
Select In popup Navigation 現在編集中の要素(クラス、ファイル、メソッド、フィールド)を別のビュー(プロジェクト ビュー、構造体など)ですばやく選択するには、Alt+F1 キーを押すか、Navigate [ナビゲート] > [Select In] を呼び出します。
Show Diagram Diagrams Ctrl+Alt+Shift+U を押して、新しいエディタ・タブで UML クラス図を開きます。
Show Diagram Popup Diagrams ポップアップ・ウィンドウで UML クラス図を開くには、Ctrl+Alt+U を押します。
Show Diff on Diagram Diagrams Ctrl+Alt+Shift+DキーとCtrl+Shift+Dキーを押して、図への変更をプレビューします。これらのアクションは、 [バージョンコントロール] ツールウィンドウの [ローカル変更] タブと [履歴] タブで使用できます。
ノードをダブルクリックして、標準の相違ダイアログボックスを開きます。
Show usages Navigation プロジェクト全体のクラス、メソッド、変数のすべての使用状況のリストを表示し、選択した項目にすばやく移動することができます。記号のところにキャレットを置き、Ctrl+Alt+F7 (編集 > 検索 > 使用法の表示) を押します。
使用法にジャンプするには、リストから選択して Enter キーを押します。
Smart type casting Code Completion 式の値を必要な型にキャストする必要がある場合は、スマート型補完を使用します。例えば、型
文字列 s = (
を押して、Ctrl+Shift+スペースを押すとどうなるかを確認します。
Smart type completion Code Completion スマートコード補完は、式全体の期待される型を分析し、現在のコンテキストで適用可能なメソッドや変数を見つけるのに役立ちます。これは、returnキーワードの後、代入、メソッド呼び出しの引数リストなどで動作します。Ctrl+Shift+スペース(コード|補完|SmartType)を押すと、フィルタリングされた補完リストが表示されます。
Smart type completion after new Code Completion new キーワードの後にスマートコード補完 Ctrl+Shift+スペースを使用して、期待される型のオブジェクトをインスタンス化します。
Speed search in trees UI Usability Features スピード検索は、すべてのツリービューで利用可能です:入力を開始し、あなたはすぐに必要な項目を見つけることができます。
Surround expression with Code Assistants コードブロックを素早くコンストラクトで折り返すには、エディタでコードブロックを選択して Ctrl+Alt+T (Code | Surround With) を押します。
利用可能なオプション (“ラッパー”) のリストはコンテキストに依存しており、言語に依存します。例えば、html ブロックをタグなどで囲むことができます。
Surround statements with Code Assistants
Switcher UI Usability Features 開いているファイルとツールウィンドウを切り替えるには、スイッチャ Ctrl+Tab を使用します。ナビゲーションには、Ctrl (Windows と Linux) または Command (macOS) を押したまま、上矢印キーと下矢印キー、または Tab と Shift+Tab、Alt を使用します。
Delete または BackSpace を押してエディタタブを閉じたり、ツールウィンドウを非表示にしたりします。
Syntax aware selection Code Editing 選択範囲を拡大するには、Ctrl+Wを押します。Ctrl+W を押すたびに、 選択範囲がコードの他の領域に展開されます。
例えば、選択範囲はメソッド名からそのメソッドを呼び出す式、文全体、ブロックなどに展開されます。
Tag Name Completion Code Completion Ctrl+スペースを2回押して実行されるコード補完機能の特別なバリエーションでは、現在のファイルで宣言されていない名前空間からXMLタグ名を補完することができます。名前空間がまだ宣言されていない場合、宣言は自動的に生成されます。
Use Introduce Variable to quickly declare variables Refactoring 不完全な文でもExtract Variableリファクタリングを使用することができます。Ctrl+Alt+Vを押して式を選択します。
Using camel words prefixes in navigation popups Navigation クラス、ファイル、記号を検索するときは、Shiftキーを押しながら「CamelHumps」の名前を使って検索結果のリストをフィルタリングします。
Using wildcards in go to class, file or symbol Navigation クラスやファイル、記号を検索するときにテキストパターンを使用するには(ダブルシフト)、*とスペースを使用します。
* は任意の数の任意の文字を表します。
スペースはパターンの終わりを表します。前の文字列は単なる接頭辞ではなく、パターン全体とみなされます。提案された名前のリストは、それに応じて絞り込まれています。
Variable name completion Code Completion コード補完では、変数を宣言する際に変数名を提案することができます。例えば、private FileOutputStream と入力して Ctrl+スペース
ローカル変数、パラメータ、インスタンス、スタティックフィールドの名前の接頭辞は、設定/プリファレンスダイアログのコードスタイルの下にあるCtrl+Alt+Sでカスタマイズできます。

コメントを残す