2020.12.09 - Note

oculus quest のThe Thrill of the Fightアップデート内容

#アップデート 201207.09(2020.12.07)
* 真っ白なテクスチャでゾンビとイカボドが出現する問題を修正
* ジムの観客が表示されないことがあった問題を修正

#アップデート 201205.0q(2020.12.05)
##Quest2
* The Thrill of the Fightは、Quest2で90hzで動作するようになりました。
* コントローラーのアウトラインは、Quest2のコントローラーモデルを使用するようになりました。

##QuestとQuest2
* Oculus Mixed Reality Captureでの透明度の動作を改善し、前景のアンダーレイの色をデフォルトに戻しました。
* Mixed Reality Captureカメラからグローブとプレイエリアを隠すオプションを追加
* レンダリング解像度の向上
* レンダリング量の低減(画面左右の解像度アップ)
* ダイナミックオブジェクトの照明品質の向上
* 壁やその他の静的オブジェクトのレンダリング品質の向上
* 観客を更新しました。
– 半現実的なモデルの不気味な谷間効果を避けるために、外観はより抽象的になっています。
– 観客がシンクロしたグループで同じアニメーションを同時に実行しないようになりました。
– 各会場の観客動員数の増加
* ジャブとアッパーカットのパンチ調整値を個別に追加しました。
* 各ジャッジの個々の採点値を表示するための拡張された試合後の採点詳細タブ
* 試合後のパンチ統計を追加しました。

#アップデート 200131.1q(2020.01.31)
* ペアリングのバグを修正するため、bHaptics SDKを最新のリリースに更新しました。
* ヘッドヒットにより、振動がより強く感じられるように、TACTALマスクのモーターがより多く鳴ります。
——–
* bHapticsペアリングUIでは、ペアリング可能なデバイスの概要が表示されるようになりました。
* bHapticsのペアリングメニューで、他のデバイスがペアリングされているにも関わらず、試合後にペアリングメニューに戻っても、1つのデバイスのみがペアリングされていると表示されてしまうバグを修正
——–
* bHapticsデバイスのサポートを追加しました。Questとハードウェアをペアリングするには、メインメニューの新しいbHapticsオプションを使用してください。Bluetoothにアクセスするには、TotFの許可が必要です(位置情報の許可として表示されます)。
* クエストの混合現実キャプチャのサポートを追加しました。
* メインメニューの右にある設定クイックビューパネルにマルチプライヤーリセットボタンを追加しました。このボタンは、「自動強制調整」を有効にしている場合にのみ表示され、倍率が低すぎると感じた場合や、ヘッドセットを他のプレイヤーに渡している場合に、素早くリセットすることができます。
* AIが軽くフラフラしている状態で、追い詰められたときに通常のパンチの出力でしか投げないようになりました。これまでのめまい時のパンチ出力が低い状態から、追い詰められた時のパンチ出力が高い状態に直接変化していましたが、本作では、軽いめまい時には通常のパンチ出力に切り替わります。軽いめまいの状態で通常のパンチ出力に切り替えることで、両者の切り替えが容易になります。

コメントを残す